会釈/えしゃく

    意味

    会釈とは、に対する親しみ・好意・謝意などを表すために、軽くを下げたり、挨拶すること。

    会釈の由来・語源

    会釈は、仏教用語「和会通釈(わえつうしゃく)」の略である。
    和会通釈とは、互いに矛盾するように見える教義を照らし合わせ、根本にある共通する真実の部分を明らかにして、ひとつにまとめていくことである。
    これが、中世には「さまざまな状況を考慮する」という意味や、「儀礼にかなった態度をとる」「愛想よく応対する」という意味に転じた。
    さらに、会釈は軽く頭を下げる仕草も意味するようになった。
    お辞儀のように、会釈が頭を下げてする挨拶の意味になったのは、江戸時代になってからのことである。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。