お年玉/おとしだま

意味

お年玉とは、新年の祝いの贈り物。子供など目下の者へ与えるお金を言うことが多い。

お年玉の由来・語源

お年玉の「お」は接頭語の「御」。
古くは正月行事として「歳神」を迎える祭りがあり、門松を立てて鏡餅を供えた。
この正月行事で供えた鏡餅をお下がりとして子供たちに食べさせ、それを「御歳魂(おとしだま)」と呼んでいたのが、「お年玉」の語源といわれる。
また、このは年初に分配されることから、年の初めの賜物(たまもの)で「年賜(としだま)」が変化したとする説や、鏡餅が丸いことから「お年玉」になったとする説があり、いずれも歳神に由来する。
お年玉が金品を贈る言葉として用いられた例は、室町時代から見え始める。
当時のお年玉は、茶碗など様々な物が贈り物として用いられた。

「お年玉」の別名・類語

1

2

TOP