カブトムシ/兜虫/甲虫/かぶとむし

意味

カブトムシとは、コガネムシ科の昆虫。体長約5センチ。は艶のある黒褐色で、雄の頭上にはY字形の長い角がある。

カブトムシの語源・由来

カブトムシは、雄のにある角が武士の被る「兜」に似ることからの名。
元々は京都の方言で、江戸では「サイカチムシ」と呼ばれていたが、現在では「カブトムシ」が一般化した。

カブトムシの別名・類語

さいかちむし/さいかち/さいかしむし/鬼虫/角虫/ビートル

カブトムシの種類

ヤマトカブトムシ/コカブトムシ/サイカブト/クメジマカブト/オキナワカブト/ヘラクレスオオカブト/アトラスオオカブト/コーカサスオオカブト/エレファスゾウカブト/ネプチューンオオカブト/ケンタウルスオオカブト/サタンオオカブト

TOP