リウマチ

意味

リウマチとは、関節・骨・筋肉のこわばりや腫れ、痛みなどの症状を呈する疾病の総称。現在は主に慢性関節リウマチをいう。

リウマチの語源・由来

リウマチは、オランダ語「reumatisch」、英語「rheumatism」からの外来語。
ギリシャ語で「流れる」を意味する「rheuma」に由来し、古くは悪い液が脳からの各部に流れていき、痛みを起こすと考えられていたことからの名である。
医学用語として初めて「リウマチ」を使ったのは、ギリシャの医学者ガレノスで、この中には筋肉痛や神経痛も含まれていた。

リウマチは「リューマチ」のほか、リウマチス・リューマチス・リョーマチ・リョーマチス・レウマチ・レウマチス・ロイマチスなど多くの呼び方がされていた。
このうちの「ロイマチス」は、ドイツ語の「Rheumatismus」に由来する。
幕末から明治にかけては、「僂麻質(レウマチ)」「僂麻質斯(リウマチ)」と漢字表記された例も見られる。

リウマチの別名・類語

リューマチ/リウマチス/リューマチス/リョーマチ/リョーマチス/レウマチ/レウマチス/ロイマチス/風湿病/慢性関節リウマチ/疼痛/膠原病/関節リウマチ/リウマチ熱/リウマチ性多発筋肉痛

TOP