カキ/牡蠣/かき

牡蠣の意味

牡蠣とは、イタボガキ科の二枚貝の総称。海中の岩などに付着する。栄養が豊富で「のミルク」といわれる。

牡蠣の由来・語源

牡蠣の語源には、掻き落として取ることから「かき」になったとする説。
殻を欠き砕いて取ることから、「かき」になったとする説。
「掻貝(かきかい)」の意味など、牡蠣の殻を取るための動作に由来する説が多く、語源は殻に由来すると考えて良いであろう。
その他、「か」は「貝」、「き」は「着」の意味からとする説もあるが、説得力にとぼしい。

漢字の「牡蠣」は、「蠣」の一字で「かき」を意味する。
しかし、中国ではカキが全てオスと考えられていたため、「牡」の字が付けられ、「牡蠣」になったといわれる。
これは、牡蠣が同一固体に雌雄性が交替に現れる卵生か卵胎生の雌雄同体で、外見上の生殖腺が同じであるため、全てオスに見えたものと考えられる。

【関連リンク】
牡蠣の栄養・効能、選び方、保存方法、旬の時期
牡蠣のカロリー・栄養成分表
牡蠣を使ったレシピの一覧

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。