蹲/蹲踞/つくばい

つくばいの意味

つくばいとは、茶室の先に据える、や岩などをくりぬいてつくった手水鉢(ちょうずばち)。

つくばいの由来・語源

つくばいは、「しゃがむ」「うずくまる」「かがむ」などを意味する動詞「つくばう」が語源。
茶室に入る前にを清めるのに用いるもので、手を洗う際に低い姿勢になることから、「つくばい」と呼ばれるようになった。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。