間抜け/まぬけ

まぬけの意味

まぬけとは、考えや行動に抜かりがあること。また、そのような。「阿呆」「とんま」「のろま」などと同様に、愚鈍な人を罵っていう語。

まぬけの語源・由来

まぬけの「間(ま)」は、時間的な間隔の「間」である。
芝居や舞踏、漫才などで「間」は、音や動作の休止の時間的長短のことを言い、拍子やテンポの意味にも用いられる。
「間が抜ける」ことは、「拍子抜けする」「調子が崩れる」ことであり、テンポが合わないことを意味した。
転じて、まぬけは行動に抜かりがある意味となり、さらに愚鈍な人を罵る言葉になった。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。