たわけ者/戯け者/たわけもの

意味

たわけ者とは、馬鹿者。愚か者。

たわけ者の語源・由来

たわけ者の「たわけ」は、「ばかげたことをする」「ふざける」などを意味する動詞「戯く(たわく)」の連用形が名詞となった「戯け」である。
そのため、漢字では「戯け者」と書く
たわけ者には「田分け」を語源とする説が、実しやかに言い伝えられている。
その田分けの説は、遺産相続の際、子供の人数で田畑を分けると、孫の代、ひ孫の代へ受け継がれていくうちに、それぞれの持つ面積が狭くなる。
すると、少量の収穫となり、いずれ家系は衰退するため、そのような愚かなことをする者を馬鹿にして、「田分け者(たわけ者)」と呼んだというものである。
「戯け」という言葉を調べることなく、このような俗説を信じて言い伝えているが、たわけ者である。

たわけ者の類語・言い換え

馬鹿阿呆あんぽんたん/おたんこなす/おたんちん/大愚/痴/薄馬鹿/薄ら馬鹿/大馬鹿/とんま/とんちき/間抜けとんちんかん/すかたん/すこたん/鈍才/駑馬/チョン/うつけ/ぼんくらのろま/薄のろ/木偶の坊朴念仁唐変木/与太/無能/低能/能無し/ノータリン/ぽんつく/パー/パッパラパー/フール/馬鹿者/愚か者/バカタレ/バカチン/あほたれ/あほんだら/あほだら/馬鹿野郎/バカヤロー/すっとこどっこい/曽呂間/痴れ者/耄れ者/与太郎/与太者/馬太郎/ひょうたくれ/表六玉/表六/痴者/痴人/あやかし/うつけ者/ぼんやり者/うんてれがん/うんでれがん/すっぽり/べらぼう/乞丐/物知らず/知恵遅れ/二番/二本棒/三太/三太郎/愚夫/愚婦/好い鴨/お人好し

TOP