他山の石/たざんのいし

意味

他山の石とは、自分の知徳を磨くのに役立つ、他人の誤った言行や失敗。

他山の石の語源・由来

出典は中国『詩経』の「他山の石、以て玉を攻むべし」に基づく。
この原義は、他の山から出たつまらないでも、それを砥石にすれば宝石を磨くのに役立つという意味。
転じて、他山の石は、自分の修養の助けや戒めになる他人の誤った言行を意味するようになった。
他人の優れた言行を手本にする意味で使ったり、対岸の火事と混同して、自分とは無関係の意味で使うのは誤りである。

他山の石の類語・言い換え

他山の石以て玉を攻むべし/他山の石とする/悪い手本/負の事例/反面教師/反面教員/反面教材/しくじり先生/人の振り見て我が振り直せ/人の上見て我が身を思え/人こそ人の鏡/人を鑑とせよ/人を以て鑑と為す/殷鑑遠からず/商鑑遠からず/殷鑑不遠/鑑戒//上手は下手の手本下手は上手の手本/不善人は善人の資なり/善人は不善人の師なり/前車の覆るは後車の戒め/前車の轍/前車覆轍/前覆後戒/覆轍/後車の戒め/覆車の戒め/勉強になる/ためになる/参考にする/参考になる

関連リンク

TOP