頓珍漢/とんちんかん

意味

とんちんかんとは、物事の辻褄が合わなかったり、ちぐはぐになったりすること。まぬけな言動をすることやそのような

とんちんかんの語源・由来

とんちんかんは、鍛冶などで師が鉄を打つ間に弟子が槌を入れるため、ずれて響くの「トンチンカン」を模した擬音語であった。
音が揃わないことから、ちぐはぐなことを意味するようになり、まぬけな言動も意味するようになった。
漢字で「頓珍漢」と書くのは、音からの当て字である。


TOP