沽券に関わる/こけんにかかわる

沽券に関わるの意味

沽券に関わるとは、面目・プライドに差し障りがある。

沽券に関わるの由来・語源

沽券に関わるの「沽券」とは、土地や家屋など売り渡し証文のことで、「売券」や「沽却状(こきゃくじょう)」とも呼ばれる。
江戸時代頃から、沽券は「売値」の意味で用いられるようになり、さらに「の値打ち」「品位」などを意味するようになった。
そこから、プライドにかかわることを「沽券に関わる」、人の値打ちが下がることを「沽券が下がる」と言うようになった。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。