アンズ/杏子/杏/あんず

意味

あんずとは、バラ科の落葉小高木。中国原産。早春、に似たが咲く。は梅より少し大きく、生食・ジャム・果実酒などにする。アプリコット。

あんずの由来・語源

あんずは、中国語名「杏子」の唐音読み。
中国では、「杏」は名前、「子」は実を表す。
日本へあんずが渡来したのは大和時代といわれ、905年の『古今和歌集』には「カラモモ(唐桃)」の名で出てくる。
漢方ではあんずの種子を「杏仁(きょうにん)」といい、咳止め薬の原料とする。


TOP