雁擬き/がんもどき

意味

がんもどきとは、油揚げの一種。水気をきって崩した豆腐に、山芋・などを加えてつなぎにし、細かく刻んだごぼうにんじん・麻の昆布などを混ぜて丸め、で揚げたもの。がんも。飛竜頭

がんもどきの由来・語源

がんもどきの「がん」は、の「ガン)」のこと。
「もどき」は「似て非なるもの」「匹敵するもの」を意味する「もどき」。
がんもどきは、味が雁のに似ていることに由来する名前である。
元々、がんもどきは精進料理で魚肉の代わりとして作られたもので、古くは、麩(ふ)やこんにゃくなどを油で揚げたものであった。

【関連リンク】
がんもどきの栄養・効能など、がんもどきの基礎知識


TOP