褌/ふんどし

意味

ふんどしとは、男子の陰部を覆い隠す細長い。下帯。まわし。犢鼻褌。女性の腹巻。

ふんどしの語源・由来

ふんどしは、「踏通(ふみとおし)」が転じたとする説が有力とされるが、特に根拠らしいものはない。
その他、上代の言葉の行動を拘束するを言った「ふもだし」が転じたとする説。
馬のを繋ぐ縄を「ほだし」と言い、転じて「ふんどし」になったとする説。
通(ふんとおし)」の約など、ふんどしの語源は諸説あるが、決定的な説はない。

ふんどしの別名・類語

たふさぎ/とうさぎ/下帯/下袴/下の褌/肌帯/袴下/むつき/ててら/ててれ/まわし/締め込み/手綱/たんな/越中褌/畚褌/六尺褌/六尺/丁字帯/T字帯/パンドルショーツ/下穿き/ズボン下/パンツ/ショーツ/ブリーフ/トランクス/パンティー/ズロース/スキャンティー/おむつおしめ/猿股/ステテコももひきパッチ

TOP