クラリセージ/クラリーセージ/clary sage

クラリセージの意味

クラリセージとは、シソ科のニ年草。から精油をとる。オニサルビア。

クラリセージの由来・語源

クラリセージは、英語「clary sage」からの外来語。
「clary」は、「明るい」「明白な」「清浄な」を意味するラテン語「clárus(クラルス)」に由来する。
中世には、クラリセージの種子から採れる粘液がの疾患に用いられ、「Clear Eye」と呼ばれていた。
「Clear」も「clárus」が語源である。
「clary sage」の「sage」は、「セージサルビア)」と同属であることからの名。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。