力士/りきし

意味

力士とは、相撲取り。力の強い。「金剛力士」の略。

力士の語源・由来

力士は、1603年『日葡辞書』には「リキジ(Riquiji)力のある者。文語」とあり、漢語で「りきじ」と呉音読みしていたが、後世に「りきし」と読むようになった。
力士の「力」はの力で、「士」は優れた男士の意味。
『日葡辞書』で力士を「力のある者」としているように、特に「相撲取り」を指す言葉ではなく、「金剛力士」も相撲取りではない。
力士が「相撲取り」を指すことが多くなったのは、古くから力持ちの代表的存在であっためと考えられる。

力士の別名・類語

相撲の力士

相撲取り/お相撲さん/力者/相撲/すまいとり/相撲人/役力士/関取/幕内横綱/三役/大関/関脇/小結/平幕/前頭/十両/幕下/三段目/序二段/序ノ口/取的/褌担ぎ/力士養成員/控え力士

力強い人の力士

力持ち/力者/力人/大力/力自慢/金剛力/仁王力/怪力/剛力/強力

金剛力士の略

金剛力士/仁王/金剛手/金剛神/執金剛神/密迹金剛/執金剛/持金剛/那羅延金剛

関連リンク

TOP