辰/たつ/辰年/たつどし

意味

辰とは、干支(十二支)の5番目。年・・時刻などにあてる。方角の名で「東南東(東から南へ30度の方角)」。旧暦3月の異称。しん。、次は
辰年とは、西暦年を12で割った際、余りが8となる

辰/辰年の由来・語源

漢字の「辰」の原字は「蜃」。
「蜃」は、二枚貝が開き、弾力性のあるをピラピラと動かしているさまを描いたもので、「振」「震」の意味をもつ。
『漢書 律暦志』では「動いて伸びる」「整う」の意味とし、が盛んに成長し形が整った状態を表すと解釈されている。
この「辰」を「)」としたのは、無学の庶民に十二支を浸透させるために動物の名前を当てたものであるが、順番や選ばれた理由は定かではない。

「辰/辰年」の類語・言い換え

1

2

TOP