縄/なわ

縄の意味

縄とは、麻や藁などの植物繊維や茎、化学繊維をより合わせて作ったもの。一般に、より細く、より太いものをいう。

縄の由来・語源

なわの語源は、糸や紐などをより合わせる意味の動詞「なう(綯う)」から。
もしくは、藁をより合わせた「なひわら(綯藁)」の略からであろう。

漢字の「縄」は、「糸」と「黽」からなる会意文字。
本来、「黽」は大きなカエルを表した字だが、ここではトカゲを表す。
つまり、「縄」の字はトカゲのように長いなわを意味する。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。