ハマグリ/蛤/はまぐり

ハマグリの意味

ハマグリとは、マルスダレガイ科の二枚貝。内湾の砂泥にすむ。貝殻は丸みのある三角形で、殻表は滑らか。

ハマグリの由来・語源

ハマグリは形が栗の実に似ており、浜辺に生息していることから「浜栗」の意味が定説。
ハマグリは『日本書紀』にも記述が見られるように、古くから食糧にされている。
植物の栗も古代から重要な食糧であるため、「山の栗」に対して「海の栗」と考えたのであろう。

石を意味する古語「クリ」から、ハマグリは「浜の石」の意味とする説もある。
しかし、石に見立てた場合に「浜の」とする点は疑問が残る。

【関連リンク】
はまぐりのカロリー・栄養成分表

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。