メダカ/目高/めだか

    意味

    メダカとは、ダツ目メダカ科の淡水魚。体長は約3センチ。細長く、大きい

    メダカの由来・語源

    メダカは、目が大きく、の先の高い位置に目があるように見えることから付いた名。
    そのため、漢字でも「目高」と書く
    メダカを食べると、目が出るや目が良くなるなど、地方によってさまざまな俗信があるが、いずれもこのの目に印象付けられた言い伝えである。
    メダカは約五千もの地方名があり、最も方言の多い言葉として知られている。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。