豹変/ひょうへん

    意味

    豹変とは、言動が急激に変わること。

    豹変の由来・語源

    豹変は、『易経(革卦)』の「君子豹変す、小人は面を革む(あらたむ)」に由来する。
    これは、豹のが季節によって抜け替わり、斑紋が鮮やかになるように、徳のある君子は過ちを改めて善い方に移り変わるが、小人(徳のない)は表面的に改めるだけで本質は変わらないといった意味である。
    つまり、豹変は良い方向へ変化することを言った言葉だが、現在では悪く変わる意味で用いられる。
    豹変が悪い方に変化する意味となったのは、「小人は面を革む」の意味まで含めたというよりも、「豹」という動物の恐ろしいイメージから連想させたものと思われる。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。