如月/きさらぎ

    意味

    如月とは、旧暦2月の異称。

    如月の由来・語源

    如月は、寒さで着物を更に重ねて着ることから、「着更着(きさらぎ)」とする説が有力とされる。
    その他、気候が陽気になる季節で「気更来(きさらぎ)」「息更来(きさらぎ)」とする説。
    草木が生えはじめるで「生更木(きさらぎ)」とする説。
    草木の芽が張り出す月で「草木張り月(くさきはりづき)」が転じたとする説がある。

    「如月」の異名・その他の月の名前
    「弥生」の由来・語源

    1

    2

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。