神無月/かんなづき

意味

神無月とは、旧暦10月の異称。かみなづき。かむなづき。

神無月の語源・由来

神無月の語源は、を祭るであることから「神の月」とする説が有力とされる。
神無月の「無」は「水無月」と同じく、「の」を意味する格助詞「な」である。
中世の俗説には、10月に全国の神々が出雲大社に集まり、諸国に神がいなくなることから「神無月」になったとする説があり、出雲国(現在の島根県)では反対に「神有月・神在月(かみありづき)」と呼ばれる。
その他の説では、の鳴らない月で「雷無月(かみなしづき)」が転じたとする説や、新穀でを醸す月なので「醸成月(かみなしづき)」が転じたとする説がある。

神無月の異名・類語

10月/October/神去月/神在月/小春/小六月/陽月/良月/時雨月/初霜月/はみな月/初冬/孟冬/開冬/上冬/御忌/風定め/応鐘//亥月/亥の月/建亥月

その他の月の名前

睦月如月弥生卯月皐月水無月文月葉月長月霜月師走

TOP