単刀直入/たんとうちょくにゅう

意味

単刀直入とは、前置きなどを省いてすぐに本題に入ることや、問題の核心をつくこと。

単刀直入の語源・由来

単刀直入の出典は、中国宋代の『景得伝灯録』による。
本来、単刀直入は一本のを握り締め、たった一人で敵陣にまっしぐらに突入して斬り込むことを意味した。
まっしぐらに突入する意味から派生し、すぐに本題に入ることを「単刀直入」と言うようになった。
この語源から分かるとおり、短い刀で突入するわけではないので、「短刀直入」と表記するのは誤りである。


TOP