七夜月/ななよづき

意味

七夜月とは、旧暦7月の異称。文月

七夜月の語源・由来

七夜月は、七夕のあるの意味から。
一般に、七夜は「7日間の夜」や「7日目の祝い」を意味するが、江戸初期に成立した歌謡書『松の葉』には「になりたや七夜の星に」と、「七夜」を「七夕」の意味で使った例が見える。

七夜月の異名・類語

七夕月愛逢月文月文披月/7月/July/涼月/女郎花月/めずら花月/蘭月/桐秋/秋初月/親月/相月//申月/申の月/建申月/初秋/新秋/孟秋/餞月/袖合月/盆秋/夷則

TOP