図に乗る/ずにのる

意味

図に乗るとは、調子に乗る。つけあがる。

図に乗るの語源・由来

図に乗るの「図」は、仏教の法会などで僧が唱える声楽『声明(しょうみょう)』の転調のことである。
この転調は難しかったため、調子がうまく変えられることを「図に乗る」と言った。
そこから、調子に乗ることを言うようになり、「つけあがる」の意味に変化した。
「頭に乗る」と漢字表記されることもあるが、意味が変化した後の当て字と考えられ、普通、このような表記はしない。

図に乗るの類語・言い換え

調子に乗る/調子をこく/つけあがる/思い上がる/いい気になる/自惚れる/自信過剰になる/自己過信する/驕る/驕り高ぶる/慢心する/高慢になる/増長する/威張る/偉ぶる/ふんぞり返る/大物ぶる/大きな顔をする/天狗になる嵩にかかる/調子づく/勢いづく/度を越す/エスカレートする/悪ノリする/羽目を外すはしゃぐ/浮かれる/舞い上がる

TOP