図に乗る/ずにのる

    意味

    図に乗るとは、調子に乗る。つけあがる。

    図に乗るの語源・由来

    図に乗るの「図」は、仏教の法会などで僧が唱える声楽『声明(しょうみょう)』の転調のことである。
    この転調は難しかったため、調子がうまく変えられることを「図に乗る」と言った。
    そこから、調子に乗ることを言うようになり、「つけあがる」の意味に変化した。
    「頭に乗る」と漢字表記されることもあるが、意味が変化した後の当て字と考えられ、普通、このような表記はしない。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。