羽目を外す/はめをはずす

    意味

    羽目を外すとは、調子に乗って度を越すこと。

    羽目を外すの語源・由来

    羽目を外すの「羽目」は、を制するためにに噛ませる「馬銜(はみ)」が転じたものといわれ、「馬銜」は「はめ」とも読む
    この馬銜を外して馬を自由にすると、自由に走り回ってがつけられなくなることから、調子に乗って度を越すことを「羽目を外す」というようになったと考えられる。
    「羽目」の語源には「羽目板」の略とする説もあるが、羽目板を外すことから、調子に乗ったり、度を越す意味に転じるとは考え難い。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。