文披月/ふみひらきづき/ふみひろげづき

意味

文披月とは、旧暦7月の異称。文月

文披月の語源・由来

文披月は、ふみ)をひろげて晒すの意味に由来する。
七夕にはや書の上達を祈って、詩歌を献じたり、書物を夜風に曝す風習があったことから、「文披月(ふみひらきづき・ふみひろげづき)」と呼ばれるようになった。
「文月」の語源には、「文披月」に由来する説もある。

文披月の異名・類語

文月/7月/July/七夜月/七夕月/愛逢月/涼月/女郎花月/めずら花月/蘭月/桐秋/秋初月/親月/相月//申月/申の月/建申月/初秋/新秋/孟秋/餞月/袖合月/盆秋/夷則

TOP