クリ/栗/くり

栗の意味

栗とは、ブナ科の落葉高木。山地に生える。いがに包まれた実は食用に、材は建材や枕木にする。

栗の語源・由来

栗の語源には、果皮の色が黒いことから「くろ(黒)」が転じたとする説。
「クロミ(黒実)」の縮約など、黒い色を語源とする説。
落ちた実が石のようであることから、「石」を意味する古語「クリ」からとする説。
朝鮮語で「栗」を意味する「kul(クル)」からなど諸説ある。

石を意味する古語「クリ」は、水底によどむ黒い土を表す「くり(涅)」と同源である。
そのため、栗の語源は色の「黒」や石の「クリ」と同系と考えられる。

漢字の「栗」は、実が落ちて木の上にいがが残っているさまを表している。

【関連リンク】
栗の栄養・効能、選び方、保存方法、旬の時期
栗のカロリー・栄養成分表

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。