胸突き八丁/むなつきはっちょう

意味

胸突き八丁とは、山道の登りのきつい難所。物事を達成する直前の最も苦しいところ。正念場

胸突き八丁の語源・由来

胸突き八丁の「八丁」は、富士登山で頂上までの8丁(約872メートル)で険しい道のこと。
「胸突き」は、を突かれたように、息ができなくなるほど苦しいことを表している。
上記のとおり、胸突き八丁は富士登山で険しい道を言う語だが、他の山についても急斜面の坂道を言うようになった。
さらに、物事を成し遂げる過程を登山にたとえ、大詰めの一番苦しいところを「胸突き八丁」と言うようになった。

TOP