梅雨/つゆ/ばいう

梅雨の意味

梅雨とは、六月から七月中旬にかけて、朝鮮南部・長江下流域から、北海道を除く日本列島に見られる雨期。五月雨さみだれ)。

梅雨の由来・語源

梅雨は、中国から「梅雨(ばいう)」として伝わり、江戸時代頃より「つゆ」と呼ばれるようになった。
『日本歳時記』には「此の淫雨ふるこれを梅雨(つゆ)と名づく」とある。

梅雨の漢字の由来には、次の二説ある。
ひとつは、カビの生えやすい時期のという意味で、中国では元々「黴雨(ばいう)」と呼ばれていた。しかし、カビでは語感が悪いため、同じ「ばい」で季節に合った「」の字を使い「梅雨」になったとする説。
もうひとつは、「梅の熟す時期の雨」の意味で、元々「梅雨」であったという説である。

日本で梅雨が「つゆ」と呼ばれるようになった由来は、「露(つゆ)」からと考えられる。
しかし、梅のが熟し潰れる時期であることから、「潰ゆ(つゆ)」と関連付ける説もあり、梅雨の語源は未詳部分が多い。

「梅雨」の類語・言い換え

1

2

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。