涼暮月/涼暮れ月/すずくれづき

意味

涼暮月とは、旧暦6月の異称。水無月

涼暮月の語源・由来

涼暮月は、日中は暑いが、夕暮れ時になると気温が下がり、涼しくなることから。
旧暦の6月は、新暦の6月下旬から8月上旬にあたり、この時期は縁側などに出て夕涼みをする。

涼暮月の異名・類語

弥涼暮月/水無月青水無月/6月/June/水張月/葵月//未月/未の月/建未月/晩夏/季夏/長夏/溽暑/常夏月/夏越の月/炎陽/暑月/風待月/松風月/鳴神月蝉の羽月/林鐘/遯月/皆仕月/晩月/陽氷/涸月/田無月/旦月/伏月

TOP