縁側/えんがわ

縁側の意味

縁側とは、座敷の外側に設けた細長い板敷きの部分。→魚のえんがわ

縁側の由来・語源

縁側は和語と漢語の混種語である。
「縁」は「へり」「ふち」を表す漢語で「椽」とも書く。「側」はその周辺を意味する和語。
平安時代には、家または座敷の「へり」「ふち」の意味から、「縁(えん)」と呼ばれた。
室町時代頃、物のふちや側面を「側(旧かなは、かは・がは)」と言うようになり、江戸時代にこの二語が結びついて「縁側」という語が生まれた。
英語では「veranda(ベランダ)」や「porch(ポーチ)」とも訳されるが、縁側は玄関ではない上がり口を兼ねた日本家屋特有のものである。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。