キツネノカミソリ/狐の剃刀/きつねのかみそり

意味

キツネノカミソリとは、ヒガンバナ科の多年草。の枯死後に花茎を伸ばし、黄赤色の6弁花を開く。有毒。

キツネノカミソリの語源・由来

キツネノカミソリは、を「狐火」、葉を「日本剃刀」に見立てた名前
、正体の分からない明かりは、キツネから吐き出す「狐火」と信じられていた。
森陰の何もない場所に突如現れる、葉のついていない炎のような花は、「狐火」に見立てられた。
キツネノカミソリの葉は、先が丸みを帯びた線形で、日本剃刀の刃に似ている。
そのように見立てられた、花の「キツネ」と葉の「カミソリ」を合わせて、「キツネノカミソリ」という名になった。

キツネノカミソリの別名・類語

キツネノタイマツ/キツネユリ/キツネバナ

TOP