垢/あか

垢の意味

垢とは、皮膚の上皮が汗や脂、ほこりなどと混じって出る汚れ。水中の含有物が容器などに付着したもの。水垢。湯垢。

垢の語源・由来

垢の語源は諸説あり未詳であるが、「アセカ(汗気)」の意味、「アカ(悪所)」の意味、「アクタ(芥)」の略あたりが妥当であろう。
「水垢」や「湯垢」など、水中の含有物が付着したものをいう「垢」の語源には、仏に供える水やその容器を意味する「閼伽(あか)」と関連付けた説がある。
しかし、「水垢」や「湯垢」は、皮膚の垢から派生した表現であることや、汚れと仏の水には接点がないため考え難い。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。