ショウガ/生姜/しょうが

    意味

    しょうがとは、ショウガ科の多年草。根茎は辛みと芳香があり、食用・香辛料とする。ハジカミ。クレノハジカミ。ジンジャー。生薑。けちんぼう。

    しょうがの由来・語源

    中国では、しょうがを「薑」と書き、生のものを「生薑」、干したものは「乾薑」という。
    このうち、生のしょうがを表す「生薑」を音読みした「シャウキャウ(シャウカウ)」が転じ、日本では「ショウガ」と呼ばれるようになった。
    「キャウ(カウ)」が「ガ」の音になったのは、ミョウガの影響と考えられる。
    中国と同じく、日本でも元々は生のものを「しょうが」と呼んでいたが、やがて干したものも「しょうが」と呼ぶようになった。
    漢字では「生姜」と書くが、「姜」は「薑」と同音であることから代用したもので、本来は「生薑」が正しい。

    「しょうが」と呼ばれる以前は、「ハジカミ」や「クレノハジカミ」と呼ばれていた。
    「ハジカミ」は元々「山椒」を表す名で、それに中国渡来を表す「呉の」を冠して「クレノハジカミ」と呼ばれていた。
    それが、単に「ハジカミ」といっても「しょうが」を表すようになり、山椒からその名を奪った。

    ケチを指して「しょうが」と言う。
    これは、食用に用いられる根茎の形が、人がを握ったの形に似ていることからといわれる。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。