三文判/さんもんばん

    意味

    三文判とは、出来合いの安価な印判。

    三文判の由来・語源

    三文判の「三文」は、江戸時代以前の通貨で、一文銭三枚のこと。
    時代により価値は異なるが、千文が一貫、四貫文が金一両で、三文は非常に安価な額となる。
    そこから価値の低い物や、安い物に対して「三文」はつけられるようになった。
    本来、はんこは注文後に作られ、出来合いのはんこは安価で粗末な物であることから「三文判」と呼ぶようになった。
    その他、「三文」が付けられた言葉には、江戸時代以前の「三文絵」「三文花」「三文雛」「三文野郎」「三文芝居」、明治以降には「三文文士」「三文雑誌」がある。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。