ムショ/むしょ

意味

ムショとは、刑務所をいう俗語。

ムショの由来・語源

ムショは「刑務所」の略と思われがちだが、「監獄」から「刑務所」に改称されたのは大正11年(1922年)のこと。
それ以前の大正4年(1915年)に発行された『隠語集覧』には、「むしょ=監獄のこと、むしよせばの略」とあり、盗人仲間の隠語で「監獄」を意味する「むしよせば(虫寄場・六四寄場)」の略が変化し、「ムショ」になったと考えられている。
「むしよせば」は「むし(虫・六四)」とも呼ばれており、牢が虫かごのようであったことからか、牢の食事は麦とが六対四の割合であったところからと言われる。
「寄場(寄せ場)」は、を寄せ集めておく場所のことだが、ヤクザなどの隠語で監獄(刑務所)を指す言葉としても用いられている。

「ムショ」の類語・言い換え

1

2
TOP