キンボール/kin-ball

意味

キンボールとは、直径122cm、重さ約1kgのボールを使い、4人一組で構成された3チームが、四角いコート内でサーブやレシーブを繰り返す屋内球技。

キンボールの由来・語源

キンボール(kin-ball)の「キン(kin)」は、「運動感覚」を意味する英語「kinesthesis(キネスシス)」の略で、「金玉」という意味ではない。
カナダのモントリオ-ル大学体育学部を卒業し、ケベック州で体育教師をしていたマリオ・ドゥマースが1986年に考案したもので、日本には1997年10月に紹介された。
正式な競技名称は、「キンボールスポーツ」と言う。


TOP