ニンジン/人参/にんじん

にんじんの意味

にんじんとは、セリ科の越年草。地中海沿岸地方原産。根は黄橙色・紅赤色で、円錐形で太く、地中に伸びる。葉は羽状に細裂。野菜として栽培される。

にんじんの由来・語源

にんじんは、人の形に似ていることからの名で、その根に頭や足・手があり、人のような形をしたものが最上とされた。
ただし、ここでいう「にんじん」の名は、奈良時代に渡来し、薬用として栽培されていたウコギ科の「朝鮮人参(オタネニンジン)」のことである。

朝鮮人参

人の形をした朝鮮人参

現在「にんじん」と呼ばれているものは、地中海沿岸地方から中国を経て、16世紀に日本に渡来した。
根が朝鮮人参、葉がセリに似ていることから、当初は「セリニンジン」と呼ばれた。
その他、朝鮮人参とセリ科のにんじんを区別するために、「菜人参(なにんじん)」「人参菜(にんじんな)」。また、畑に植えることから「畑人参(はたにんじん)」などとも呼ばれた。
やがて、これが主流となり、セリ科のにんじんを指して、「にんじん」と呼ぶようになった。

【関連リンク】
にんじんの栄養・効能、選び方、保存方法、旬の時期
にんじんのカロリー・栄養成分表
にんじんを使ったレシピの一覧

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。