シオカラトンボ/塩辛蜻蛉/しおからとんぼ

意味

シオカラトンボとは、トンボ科に属する昆虫。各地の平地に分布する最も普通のトンボ。雄をシオカラトンボ、雌をムギワラトンボと区別していうこともある。

シオカラトンボの語源・由来

シオカラトンボは、漢字で「塩辛蜻蛉」と書くが、食品の「塩辛」との関係はない。
成熟したシオカラトンボのオスは、腹部背面が灰青色で、少量の白粉を生じており、が吹いているように見えることから名付けられた。

シオカラトンボの別名・類語

シオトンボ/シオカラエンバ/シオボイ/オシロイトンボ/シモガラアケズ/イシヤンマ/ケーズカトンボ/コメトンブ/ショケ/メクラトンボ/ムギワラトンボトンボ

TOP