キンモクセイ/金木犀/きんもくせい

キンモクセイの意味

キンモクセイとは、モクセイ科の常緑小高木。中国南部原産。、強い芳香のある小花を密集しつける。

キンモクセイの由来・語源

原種のギンモクセイがをつけるのに対し、この種は橙黄色の花をつけることから「キンモクセイ」の名が付いた。
「モクセイ」は漢名「木犀」の音読みで、樹皮が動物のサイのに似ているの意味といわれる。
キンモクセイが日本に伝来したのは、江戸時代である。

「キンモクセイ」の別名・類語

1

2

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。