知らぬ顔の半兵衛/しらぬかおのはんべえ

意味

知らぬ顔の半兵衛とは、よく知っていながら全然知らないふりをすること。また、知らないふりを決め込んで取り合わない者。

知らぬ顔の半兵衛の語源・由来

知らぬ顔の半兵衛は、知らないふりをする者を人名のように呼んだもの。
名前が「半兵衛」になったのは、戦国時代屈指の知将でとぼけるのがうまい竹中半兵衛(竹中重治)に由来する説が有力である。

略して「半兵衛」と言ったり、「知らぬ顔」が音便化して「知らん顔」になったり、「半兵衛」を「反兵衛」と書いた例もある。
知らんぷりを決め込むことは、「知らぬ顔の半兵衛を決め込む」の形で用いられる。

知らぬ顔の半兵衛の類語・言い換え

知らん顔の半兵衛/知らぬ顔の半兵衛を決め込む/半兵衛を決める/半兵衛/知らぬ干瓢猫の糞/頬被り/猫かぶり/ねこっかぶり/猫を被る/口を拭う/しらを切る/すっとぼける/とぼける/おとぼけ/嘯くしらばくれるしらばっくれる/空知らず/空を使う/空とぼける/空っとぼける/空々しい/白々しい/知らんぷり/知らないふり/知らないそぶり/知らぬ顔/知らん顔/知らず顔/素知らぬ顔/何食わぬ顔/かまとと/娑婆で見た弥三郎

TOP