レントゲン/roentgen

レントゲンの意味

レントゲンとは、放射線の強さの単位。レントゲン写真の略。X線写真と呼ばれるX線を物体に照射して透過光を撮影した透過写真。

レントゲンの由来・語源

レントゲンは、ドイツの物理学者ヴィルヘルム・コンラート・レントゲンが、1895年にX線を発見したことに由来する。
「X線」が正しい呼称であるが、彼の名前にちなみ、この線を「レントゲン線」、X線写真を「レントゲン写真」と呼ぶようになった。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。