バナナ/banana

意味

バナナとは、バショウ科バショウ属の多年草のうち、果実を食用とするものの総称。また、その果実のこと。

バナナの語源・由来

バナナは、英語「banana」からの外来語。
バナナの語源には、を意味するアラビア語「banaana」に由来する説と、この果実を指すウォロフ語「banana」とする説がある。
バナナの1本ずつを「finger(指)」と呼んだり、バナナを扱う日本会社では房を「ハンド」と呼んだりするせいか、日本では「手足の指」を意味するアラビア語説が多いが、英語圏の文献で見られるのはウォロフ語説のみである。
アフリカのコンゴでは、果実部分を「banaana」、木の部分を「banano」と呼ばれていたことが、1563年のポルトガルの文献に現れる。

バナナの別名・類語

実芭蕉/バナーヌ/香蕉/甘蕉/芭蕉/はせお/ジャパニーズバナナ

バナナの種類

キャベンディッシュ/グラネイン/島バナナ/もんげーバナナ/グロスミッチェル/モンキーバナナ/レディフィンガー/セニョリータ/オリート/台湾バナナ/ラカタン/ラツンダン/カルタバ/サバ/ツンドク/ホーンバナナ/プランテイン/プラタノ/プランタネロ/モラード/リンキッド

関連リンク

TOP