乙女/おとめ

乙女の意味

乙女とは、の若い女性。未婚の女性。。少女。処女。生娘。

乙女の語源・由来

おとめの「おと(をと)」は、「」の「おと(をと)」と同じく、「若返る」意味の動詞「をつ(復つ)」と同源で、「め」は「」の意味である。
上代では、成年に達した若い女性を「をとめ(乙女)」と言い、その対義語として「をとこ(男)」があった。
『万葉集』には「未通女」「処女」とあり、「未婚の娘」をさすことが多かったと思われる。
現在では単に若いだけではなく、汚れを知らない純真な少女のイメージを伴なって、「乙女」を用いることが多い。
「乙女」の漢字は、「を」と「お」が混同されたことによる当て字で、中世以降見られる。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。