左うちわ/左団扇/ひだりうちわ

    意味

    左うちわとは、生活が豊かで気楽な生活を送ること。「左うちわで暮らす」「左うちわの生活」と用いる。左扇(ひだりおうぎ)とも。

    左うちわの語源・由来

    左うちわは、一般的に、利き手が右手であることから生じた言葉
    利き手でない左手を使い、うちわでゆっくりあおぐ姿は、あくせく働く必要がなく、ゆったりした生活を送っているよう見える。
    そのため、「左うちわ」や「左おうぎ」と言うようになった。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。