ホトトギス/杜鵑/時鳥/不如帰/ほととぎす

意味

ホトトギスとは、カッコウ目カッコウ科の。全長約30センチ。日本には鳥として渡来する。

ホトトギスの由来・語源

ホトトギスの名は「ホトホト」と聞こえる鳴き声からで、「ス」はカラスウグイスなどの「ス」と同じく、鳥類を表す接尾語と考えられる。
漢字で「時鳥」と表記されることから「とき)」と関連付ける説もあるが、ホトトギスの仲間の鳴き声を「ホトホト」と表現した文献も残っているため、鳴き声からと考えるのが妥当であろう。
江戸時代に入ると、ホトトギスの鳴き声は「ホンゾンカケタカ(本尊かけたか)」「ウブユカケタカ(産湯かけたか)」、江戸時代後期には「テッペンカケタカ(天辺かけたか)」などと表現されるようになり、名前が鳴き声に由来することが分かりづらくなった。
「トッキョキョカキョク(特許許可局)」という鳴き声は、戦後から見られる。
ホトトギスには、「杜鵑」「時鳥」「不如帰」「子規」「杜宇」「蜀魂」「田鵑」など多くの漢字表記があり、「卯月鳥(うづきどり)」「早苗鳥(さなえどり)」「魂迎鳥(たまむかえどり)」「死出田長(しでのたおさ)」など異名も多い。


TOP