ちり鍋/ちりなべ

ちり鍋の意味

ちり鍋とは、白身魚・豆腐灰汁の少ない野菜などを昆布だしで水炊きし、ポン酢醤油と薬味で食べる料理

ちり鍋の由来・語源

ちり鍋は、幕末から明治にかけ、刺身を食べない西洋人が熱湯につけて食べたのが始まりという。
新鮮な切り身を熱い湯の中に入れると、身がちりちりと縮むことから「ちり鍋」と名付けられた。
豚肉のちり鍋は、毎晩食べても飽きないところから「常夜鍋(じょうやなべ)」とも呼ばれ、ちり鍋と同じ材料で作る蒸し物は、「ちり蒸し」とも言う。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。