割れ鍋に綴じ蓋/われなべにとじぶた

割れ鍋に綴じ蓋の意味

割れ鍋に綴じ蓋とは、どんなにもぴったり合う相手があること。似たもの同士がよいことのたとえ。江戸いろはかるたのひとつ。「破れ鍋に綴じ蓋」とも書く。

割れ鍋に綴じ蓋の由来・語源

割れ鍋に綴じ蓋の「割れ鍋(破れ鍋)」とは、割れて壊れたのこと。
「綴じ蓋」の「綴じ」は縫い合わせるの意味で、「綴じ蓋」は繕って修繕した蓋のこと。
割れて壊れた鍋にも、うまく合う修繕した蓋があるという意味から、割れ鍋に綴じ蓋は、誰にでもぴったり合う相手がいることや、似たもの同士が一緒になればうまくいくことの喩えとなった。
修繕の意味の「綴じる」で成立する言葉なので、「綴じ蓋」を「閉じ蓋」と書くのは間違いである。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。